新刊情報:小林功・ 馬場多聞 編著『地中海世界の中世史』(2021/03刊行予定)

昨年ミネルヴァ書房から『生まれくる文明と対峙すること』を出された立命館大学教授の小林功先生ですが、今度はラスール朝(13-15世紀のイエメン付近にあった王朝)の専門家である馬場多聞先生(立命館大学准教授)と共同編著でミネルヴァ書房から『地中海世界の中世史』を出されます。第1章の「中世前半の東地中海」なんか完全にビザンツとイスラームが主役の章になるでしょうし、他の章もなかなか興味深いです。

小林先生曰く、

ということなので、いったいどういう執筆陣なのかも楽しみですね。
もうすでに予約開始してますので、お早めにご予約を。

ミネルヴァ書房『地中海世界の中世史』

https://www.minervashobo.co.jp/book/b556563.html

コメント